「未分類」カテゴリーアーカイブ

広島の絶対お得なお刺身ランチ

広島のおいしいランチを求めて、広島駅南口にある波平キッチンに行ってきました。ここのお刺身は絶品です。

夜はそれなりにいいお値段がしますが、ここはお昼のランチのコスパがすごい!千円近くの値段でものすごくおいしいお刺身ランチが食べられます。

私のおすすめはこの、海鮮丼ランチです。

このほかに、たまに行くとメニューが変わっていますが、お寿司ランチなどもあります。

いくらもおいしいし、左下のチャンジャ(少し辛い、タラの内臓のキムチ)は最高です。生臭みが全くないのと、絶妙な歯ごたえで下のごはんがいくらでも食べられます。

魚はいうことなくさいこうですが、これについてくるサラダも久しぶりに大当たりです。カリカリの雑魚がのっている新鮮なサラダで、硬くなく、一度食べると止まらなくなります。

また、だいたいあら汁がついてくるのですが、アラと呼んでいいのか疑問なくらいの身が入った魚が入っています。

私はお金もちではないのですが、舌にはかなりの自信があり、ここは本当にお気に入りです。

店員さんの態度もやさしく、一人でもいきやすい雰囲気です。

広島の名物のひとつ、アナゴ丼

広島の名物のひとつ、アナゴ丼。一番有名なのはやっぱり宮島のアナゴめしです。私は宮島にいきつけのあなごめしのお店がありまして、写真はそのお店「いな忠」のあなごめしです。

いな忠ときくと私は「行け!稲中卓球部」をおもいだしてしまいます。笑

このお店は私の祖父母の代から行きつけで、たまにいまでもおばあちゃんといきます。

外にアナゴを焼いているところがありまして、お昼になると人だかりができて、あの街道が通れなくなるほどの大人気です。

宮島というと、うえののアナゴ飯が有名(宮島に渡る前の厳密には宮島口にあるお店)ですが、私はここのあなごめしの方が好きです。

しかし、お昼の長い待ち時間だけはいつもタイムマシーンがほしくなってしまいます。たくさん人がいますが、あれは行列ではないです。先頭にあるノートに名前と人数をかきこんで、呼ばれるのを待っている人たちなのです。なので、先頭にあるノートに気づかず、並んでいる人がたまにいますが、このブログを見た人はその人たちを押しのけて、ちゃんと先頭にあるノートに名前をかきこんでくださいね。

手軽に食べられる本格ステーキ!

八丁堀のほうにある「いきなりステーキ」にいってきました。昔はこのようながっつりお肉は男性陣の領域でしたが、今はもう炭水化物ダイエットをしている女性もたくさん食べにこられます。

私もパレオダイエット(炭水化物抜きダイエットのひとつ)をしていた時期があって、いきなりステーキにはフィレもあるのでよく行っていました。

今回は新年早々行ったのですが、新メニューなのか期間限定なのか、カットステーキなるものがあって、いろいろなお肉の部位があってお値段も安いとのことで、

フィレにしようかリブロースにしようか迷っている私にとっては最高のオファーでした。

迷うことなく注文し、まんまとここの商業戦略に乗っかっているなぁと思っていましたが、運ばれてきたお肉はカットしてあるので食べやすく、味付けもしやすくてとても大満足でした。

欲を言えば、少し火が入りすぎていると思いました。しかし、カットしているので火との接地面が広くなりひとつの大きさも小さくなるので当たり前だし、むしろアメリカ産のも混ざっているのでよく焼くほうが衛生的かな?

なんにせよ、コストパフォーマンスに大満足でした。

餃子と人生

餃子の王将にいってきました。大阪王将などと比較されることのおおいお店ですが、私は餃子の王将のほうが好きですね。どっちも同じような気はしますが、餃子って銘打つことはよっぽど餃子に自信があるのだろうと、勝負に出た感じが好きです。つまり味は関係ないです。笑

この写真は海田市の店舗です。八丁堀のほうに行って、店舗によってメニューが少し違うので、いろいろなところに行ってお気に入りを見つけるのも楽しいと思います。

ここではお昼のランチ、とくとくセットを注文しました。

海田市では、お酢が自由にもらえるので、油が気になる美肌系女子はお酢をかけることをお勧めします。

個人的な感想ですが、にきびを気にして餃子やラーメンを食べなかったころより、気にせず食べてお酢を飲んだころのほうがにきびによって肌が荒れることが少なかった気がします。

まあ、ひとそれぞれですし、我慢がストレスになっていたということもありえますから断言はできませんが。

しかし熱々のぎょうざは最高です。お昼に千円近くだすだけで、日本に生まれてよかったと人生に感謝できるのは個人的にものすごく幸せです。

人生は幸せを感じるためのものなのだから、おいしいものを食べて幸せを感じられる私は餃子を食べることで人生の充実を感じます。大げさか。笑

広島で一番のわらびもち

広島の三滝というところに、三滝山という山があります。上に上ると三滝寺(ミタキジと読みます)があって、秋の紅葉は行ってみる価値があります。JRの三滝から、すぐ上り口はありますが、初めての人にはわかりにくいかも。まわりに行きかう人はみんな親切に教えてくれるので、勇気をだして聞いてみましょう。ミタキジと読みますから気をつけて。

上に上がると、小さなお店があります。三滝寺にはそこしかお店がないので絶対わかります。そこでだされるわらびもちがこの写真です。

このわらびもち、最高です。

手作りしているらしく、ほんのり甘くて冷たくて大きくてふわふわした食感はいままで食べていたわらびもちとはまったく違います。一度食べてから、わたしは毎回このわらびもち目当てに三滝にいきます。

どれだけ雨が降ってびしゃびしゃでも、どれだけ同伴者とけんかしても、このわらびもちを食べると、きてよかったなと思います。

季節を通して、ちゃんと水分を持っていくことをお勧めします。自販機などはまったくないので、脱水に気をつけてください。

絶対に覚えておくと便利なお茶のカフェ

広島のパルコからでたところに、おいしいお茶のお店があります。名前が思い出せません。

広島の茶の輪は有名ですが、こちらのお茶のお店もとても本格的でおいしいです。

室内は静かで女性がほとんど、ひとの出入りはそんなに激しくなく、ゆっくりお茶の香りを楽しみたい人には茶の輪よりももってこいです。

トイレがきれいで感動した覚えがあります。

私は奥のひとで、抹茶モンブランとともに、気になったお茶があったのでそれを注文しました。

おいしかったことは覚えているのですが、名前をわすれました。

自分のとり頭がいやになります。

おいしいもののお店がどこにあって価格がこのぐらいということしか覚えてません。就職の面接で言ってみましょうか。受かりますかね?

このお店は店頭でいろいろなお茶の説明が受けれられて、実際すぐのめるので、お茶好きにはたまりません。

たくさんのお茶がある、ルピシアでも、試飲はできますがその場で一杯だけゆっくり楽しむなんてことはできませんから、このお店はとても重宝しています。

きれい好きの女性にお勧めします。男性は、女性をここに誘えば入りやすいですし、意中のあの人にちょっとした高感度稼ぎになるかもしれません。

コスパ最強のカレー

広島の八丁堀にサン・カレーというお店があります。ここはあげたてのカツをどーんと入れてくれるおいしいカレーやさんです。

一度食べるとわかりますが、コスパ最強です。いろいろなカレー屋さんにいきましたが、ここほどコスパがいいところはないです。

よさは食べてみるしかないです。

券売機が入ったところにあるので、買ってからもって行きましょう。お店の中はそんなに広くないので大勢では入れませんが、部活帰りや会社帰り、ひとりで悠々と食べたいときにぴったりです。ちなみにこの写真はチキンカツカレーです。カツの量や大きさは選べます。そんなに混むこともないので、券売機をじっくりみてから買いましょう。

今日はもうおしまいーとなることもあるので、運試しにいってみてはどうでしょう。

お店の中、味、店員さん、なぜか懐かしい気持ちになるので本当にお勧めです。

駅前の親睦会◎なラーメン屋さん

広島駅のばくだん屋というつけ麺屋さんに行ってきました。写真は温かい太麺です。ここでは最初にメニューから麺の種類をえらんで、つぎにつけるタレの辛さを選びます。わたしは最近10では物足りなくなってきてきます。

食べている途中で、辛さに慣れてきてもう少し辛くしたい場合のために、机のうえにタレの辛味追加のタレが置いてあります。

寒い冬場はこの太麺の方が暖かくネギもたくさんあるので元気がでます。メンマ(中国のタケノコのお漬物??)は、つけダレで食べている途中にたべると味がよくわからないので、麺をつけダレにつける前、要は麺を食べる前に食べるのがオススメです(*^^*)

そしてなんと、ここ広島駅北口店では、マンガが置いてあります!1人でいったときの待ち時間に最高です。友達といっても、話題をつくるためにいいかもしれませんね。マンガは日本の立派なcultureですから、外国人をつれていったときにも話の種になるかもしれません。

概して、よその国の人と仲良くなる時にマンガの話が無駄になることはないように思います。

ここのお店は店の内装の雰囲気といい店員の態度といい、美味しくご飯が食べられるところだと思います。

そういえば、辛さ対決なども部活の内部の親睦を深めるのに私の部活は使っていましたよ(*^^*)

学生限定の要チェック安いうどん屋さん

八丁堀にある釜八に行ってきました。釜八とはうどん屋さんで安くておいしいのが目玉です。焼きカルボナーラうどんなど、びっくりするようなうどんもありますが、平凡なうどんに梅干しやとろろなどのトッピングをつけて自分なりのうどんをたのしむこともできます。

釜八では、イメージキャラクターの描いてあるポイントカードがもらえるのですが、そのイメージキャラクターはどんぶりに手足が生え、素晴らしいドヤ顔をしており、なんともいえないシュールな気分にさせてもらえます。

ポイントカードを提示すると百円引きかスタンプをおすか選べます。せっかくポイントカードをもらったのですが目先の利益に勝てないわたしはいまでもスタンプが増えません。笑

また、学生さんは平日ひとつしたのサイズの値段で食べられます。

つまり、

うどん大を食べる→うどん中の値段だけはらえばよい。

ということです。

これはどのうどんにも使えるので、おなかは減ったけどお金節約したい外食もしたい学生さんには最高のオファーに思えます。

学生証を忘れずにぜひ行ってみてください。

広島の隠れた名店本格イタリアンのお店

広島の八丁堀の釜八のとなりにあるのがこの本格イタリアンのお店です。

また名前忘れました。

釜八にいくととなりに上に上がる階段があります。目印はイタリアの旗です。その上にはおしゃれな店内がひろがり寡黙なシェフと上品なおばさんが営業する隠れた名店があります。

階段を上がる前に、したに小さな黒板があります。さりげなくチェックしてください。たまに赤ワインサービスや、パスタ値引きの情報が書いてあります。店内でおばさんに下に書いてあったということによって効果を発揮します。メニューには書いていないし、黙っていてもその恩恵にはあずかれませんので気を付けて。

写真は奥がイカ墨パスタ、手前がきのことエビのクリームパスタです。赤ワインは下に書いてあったことを勇気を出していい、無料でした。

おいしかった笑

値段は千円前後で、鎌倉パスタなんか目じゃないほどおいしいフェットチーネ(ぺらぺらした麺)が楽しめました。手作りだそうで、ものすごくおいしかったです。

でも、ここで一番おいしかったのはこのあとたのんだピザでした。あんなにおいしいピザは久しぶりですね。お店の雰囲気もあったのかもしれませんが、女子会にも彼氏彼女とデートにも最高だなと思いました。