広島で一番のわらびもち

広島の三滝というところに、三滝山という山があります。上に上ると三滝寺(ミタキジと読みます)があって、秋の紅葉は行ってみる価値があります。JRの三滝から、すぐ上り口はありますが、初めての人にはわかりにくいかも。まわりに行きかう人はみんな親切に教えてくれるので、勇気をだして聞いてみましょう。ミタキジと読みますから気をつけて。

上に上がると、小さなお店があります。三滝寺にはそこしかお店がないので絶対わかります。そこでだされるわらびもちがこの写真です。

このわらびもち、最高です。

手作りしているらしく、ほんのり甘くて冷たくて大きくてふわふわした食感はいままで食べていたわらびもちとはまったく違います。一度食べてから、わたしは毎回このわらびもち目当てに三滝にいきます。

どれだけ雨が降ってびしゃびしゃでも、どれだけ同伴者とけんかしても、このわらびもちを食べると、きてよかったなと思います。

季節を通して、ちゃんと水分を持っていくことをお勧めします。自販機などはまったくないので、脱水に気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です